アロマテラピー 資格

MENU

アロマテラピストの仕事とは?

アロマテラピー 資格

女性の間では、アロマテラピーの人気はとても高いですよね。アロマから漂う良い香りでリラックスしたり、気分転換をしたり…。そんなアロマを使ってお仕事をするアロマテラピスト

 

アロマテラピストの仕事内容を教えて!

アロマを使って体や気持ちをリラックスさせたり、体の不調を改善に導くのがするのがアロマテラピストの主な仕事

 

アロマテラピーを取り入れている美容サロンなどを街ではよく見かけますよね。アロマを使って体や気持ちをリラックスさせたりするのは、自分でもできます。

 

自分でアロマオイルを買ってきて自宅でアロマを楽しんだりする人も多いかもしれません。

しかしアロマテラピーの世界はとても奥が深いのです

アロマオイルの種類

現在アロマオイルは200〜300種類ほどあると言われており、アロマごとにもたらす効果は違ってきます。初心者でもアロマを楽しめることはできますが、専門的な知識を持っているアロマテラピストの方がさらにアロマの効果を引き出すことができるんですね。

 

そのため美容サロンなどでは、アロマテラピストが活躍しており特に女性の間でそのサービスが人気になっているんです。

アロマテラピストはアロマの専門家といってもいいでしょう

アロマテラピーの需要は?

アロマが日本で注目され始めたのは1990年代です。この頃から日本で癒しブームが巻き起こり、そのブームと共にアロマテラピーの人気にも火がつきました。

 

アロマテラピスト 需要

今現在日本では女性の社会進出が目立っています。以前にもまして女性も男性と同じようにバリバリ仕事をこなすようになり、癒しを求めている女性はとても多いです。そのためアロマテラピストの需要は多いでしょう。

アロマテラピストとして働いている人の中には

  • 美容サロンに勤務する人
  • 講師としてアロマの素晴らしさを広めている人
  • 自分で開業してお店を持っている人

など様々で、アロマテラピーを仕事にする方法はたくさんあるという事

アロマテラピストとアロマセラピストの違いって何?

アロマテラピストとアロマセラピストの違い

余談にはなりますが、アロマテラピストとアロマセラピストの違いって何?と言う方が多かったので少しご紹介。

 

基本的にアロマテラピストとアロマセラピストに違いはありません。ただ呼び方が統一されていないだけです

 

アロマは日本では治療行為としては認められていません。アロマ「セラピー」という呼び方もありますが、セラピーという言葉は「治療」という意味を連想させてしまいます。そのため、日本ではアロマ「テラピー」、アロマ「テラピスト」という呼び方も使われるようになったのです

アロマの専門家として活躍するアロマテラピスト

アロマを使ったサービスは本当に気持ちのいいものです。アロマテラピーは自分の知識を活かして人を癒したり、リラックスさせることができるアロマテラピストはとてもやりがいのある仕事でしょう

 

>>>アロマテラピーの講座の資料請求なら

 

アロマテラピストになるには資格の種類について

アロマテラピストになろうとする方は

 

まずアロマテラピーの資格の取得を考えると思います。アロマテラピストの資格は、民間資格と呼ばれるもので種類も沢山

  1. アロマテラピー検定
  2. アロマヒーリングセラピスト
  3. アロマライフインストラクター

この他にもアロマに関する資格は沢山あります

 

アロマテラピー 資格は必ず必要なの?

アロマテラピー 資格

アロマに関する資格が沢山あるのは分かりましたね。しかし実際にこれらアロマテラピー資格はアロマテラピストとして働く際に必ず必要になるのでしょうか?

 

法律上の観点から言えば答えは「NO」です。というのもアロマに関する資格はすべてが民間資格であり、国家資格ではないのです。

 

民間資格というのは

 

協会や団体が独自の基準を定めて認定を行っている資格のことです。国家資格というのは、国が法律に基づいて試験などを実施し、国が発行している資格のこと

 

こういう理由から、アロマテラピストになる為には必ず資格が必要になるわけではないです

 

アロマテラピー 知識

アロマは使い方次第で人を癒すこともできますが、使い方を誤れば人に悪影響を与えてしまうこともあります。そのためアロマテラピーを仕事として扱うなら専門的な知識が必要になるでしょう。

 

そういった面から考えると、仮に資格が民間資格だとしても、アロマテラピーの資格取得をして損はないでしょう。

 

アロマテラピストに関する資格取得する方法

アロマテラピストに関するアロマテラピー資格を取得する方法はいくつかあります。

資格取得の方法@専門学校に通う

アロマテラピー 専門学校

アロマテラピストに関するアロマテラピーの資格を取得することができる専門学校に通う方法があります。

 

専門学校では、朝から夕方まで勉強をすることになるので、その分真面目に取り組めば資格取得だけでなく様々な関連する知識も身につけることができるでしょう。

しかしデメリットとして

  1. 学費が多くかかってしまったり
  2. 毎日通学する必要があったりする

なかなか簡単にアロマテラピーの専門学校に通うことは難しいかもしれません

資格取得の方法Aスクールの通学、通信講座を受講

アロマテラピー 通信講座

スクールの通学・通信講座を受講してアロマテラピーの資格を取得することもできます。

 

この場合は通学講座の場合でも週に2〜3日だけ通学するようなコースもありますし、通信講座なら自宅で資格取得のための勉強をすることもできるので、忙しい方にもおすすめ

 

自分に合うスクール・講座選びなら

アロマテラピー 資格の資料請求

アロマテラピストになるためには必ず資格は必要になるわけではありませんが、資格を取得したほうが就職できる可能性は高くなるでしょう。

 

スクールの通学・通信講座でアロマテラピーの資格取得をするなら「ブラッシュアップ学び」というサイトを利用するといいです。

 

全国のスクールの通学・通信講座を調べることができ、気になるアロマテラピー講座があれば無料で資料を取り寄せることもできますので!

 

まずは無料の資料請求で情報収集

アロマ 通信講座

 

 

アロマテラピーに関する資格にかかる費用が知りたい!

アロマテラピストになるために資格は必ず必要になるわけではありません。

 

しかし、資格を持っていることで就職が有利になる可能性もありますし、資格を持っていることで就職後の新しい仕事への理解も早くなるでしょう。

 

アロマテラピーの資格 費用

アロマテラピストの資格を取得する方法は大きくわけて3つあります。

  • 独学で試験対策をして、資格を取得する
  • 専門学校に通い資格を取得する
  • スクールの通学、通信講座を受講して、資格を取得する

どの方法を選ぶかによってかかる費用は大きく変わってきます

独学の場合

 

独学でアロマテラピーの資格を取得する方法が最も費用を抑えることができます。

 

この場合資格取得にかかる費用は、勉強のために使う書籍代と試験の受験料くらいのものです。書籍も何十冊と使うわけではないので、多くても1万円を超えるか超えないかくらいの費用ですんでしまうでしょう。

 

費用を安くすませることができますし、自分のペースで勉強することができます。

しかし、教えてくれる先生や講師などがいるわけではないので、勉強につまづいても自力で解決しなければいけません。

専門学校の場合

 

アロマテラピー 費用

専門学校に通う場合は、かなり費用がかかってしまいます。費用は選ぶ学校や修業年数などで大きく変わってきます。

 

2年間で200万円ほどかかるコースもあれば、中には300万円近い費用がかかる学校もあります。費用は多くかかってしまいますが専門学校の場合はアロマに関する知識はもちろんですが、学校によっては接客の心得など幅広く多くのことを学ぶことができるでしょう

スクールの通学、通信講座の場合

 

スクールの通学、通信講座を受講する場合も選ぶ講座によって費用には差が出ます。

通学講座の場合

かなりばらつきがありますが安くても10万円単位で費用がかかってくると思ってもらっていいでしょう。

通信講座の場合

逆に10万円を超える講座はあまりありません

 

通学講座は費用は少しかかってしまいますが、週に2〜3日の通学だけでいいコースなどもありますし、講師から直接指導を受けることができます。

 

通信講座は費用をかなり抑えながらも、指定されたカリキュラムに沿って自分で勉強を進めれば独学よりも高い確率で資格を取得することができます

 

上手にアロマテラピー講座を選ぶ方法のまとめ

アロマテラピーなら通信講座

資格取得のためには3つの方法がありますが、スクールの通学・通信講座を利用する方法が最もおすすめです。

 

講座の種類はたくさんありますが、ブラッシュアップ学びというサイトを使うと全国の通学・通信講座を調べることができ、無料で講座の資料を請求することもできます

 

ブラッシュUP学び等を使って上手にアロマテラピー講座選びをして、アロマテラピストに関する資格取得にチャレンジしてみてください。

 

まずは無料の資料請求で情報収集

アロマ 通信講座