アロマテラピー 独学

MENU

アロマテラピストに関する資格を独学で取得!

資格を取得する際に最初に頭を悩ませるのが、どういう方法で資格の勉強をするか、試験対策をするかという点だと思います。今回はアロマテラピストに関する資格を独学で取得する場合のお話をしたいと思います。

 

独学で資格を取得することはできるのか?

そもそもアロマテラピストに関する資格を独学で取得することは可能なのでしょうか?この答えはどの資格を取得するかによって変わってきます。

 

アロマテラピストに関する資格はすべて民間資格となっています。この民間資格の多くは、それぞれの資格を認定する協会や団体が指定するカリキュラムを修了することが試験の受験資格になっている場合が多いのです。

 

そのため受験資格にカリキュラムの修了が挙げられている場合は、協会や団体が指定する講座などを受講する必要があります。こういった場合は独学での資格取得は不可能なのです。

 

アロマテラピストに関する資格の中にはそういった受験資格を挙げていないものもあります。
アロマテラピストに関する資格で知名度が高い「アロマテラピー検定」もそのひとつです。こういった資格であれば、独学で資格を取得することは可能です。

 

独学のメリット・デメリット

アロマテラピストに関する資格の中には独学でも取得できるものもあるということはお分かりいただけたと思います。次は独学のメリット・デメリットについてです。

 

独学のメリット

独学の場合、なによりも資格取得にかかる費用を安く抑えることができます。講座などを受講すると安くても数万円かかってしまいますが、独学の場合は基本的に書籍を購入すればいいだけです。もちろんアロマの精油などを購入すればその分費用はかさんでしまいますが…。

 

また独学の場合は自分のペースで勉強をすることができます。アロマテラピストに関する資格の取得を考えている人の中には

 

「今は違う仕事をしているけど、アロマテラピストになりたい。転職のために資格を取得しよう。」

 

「子供が大きくなって少し余裕が出来たから、アロマテラピストに関する資格を取得して働いてみたい。」

 

 

というような方もいるでしょう。こういった方にとって、自分のペースで勉強ができるというのは大きなメリットになるでしょう。

 

独学のデメリット

独学の場合、当たり前のことですが独りで勉強を進めなければいけません。自分のペースで勉強ができるのはいいことですが、勉強を進めていく中で理解ができない点があっても、すべて自力で解決しなければいけません。

 

またしっかりと自分を律して勉強に取り組まないと途中で資格取得を諦めてしまうこともあるかもしれません。

 

 

アロマテラピストに関する資格を独学で取得することは可能ですが、独学にもメリット・デメリットがあります。

 

果たして独学という方法が自分に合っているのか?しっかりとその点を踏まえた上で資格取得を目指してみてください。

 

 

>>アロマテラピー 資格 TOP